魚突き道具

4時間車を走らせたのに一突きもしなかったぞ

投稿日:2017年7月20日 更新日:

久しぶりに連休取れたんで、少しだけ遠出しようとかねてから目をつけていたゾクゾクするポイントへ。グーグルマップではかなりいい感じなので期待大^^

20時出発の0時着の車中泊。暗闇の中ほのかに浮かぶ岩のシルエットがたまりません。で、朝起きて改めて見てみると

クッソいい感じ!!

でもよーく見てみると、小さな船が一隻。私、魚突きアイテムで重宝しているのが「双眼鏡」なんですけど、当日はこいつでポイント付近のブイとか船とかいろいろ確認しています。で、いつものように双眼鏡でチェックしていると「あ、ブイがあちらこちらに…、でもってあのよさげな沖の岩場のポイントに釣り人が…、もずく採りしている船もいるし」心の中は半泣き状態(ToT)

でもここまできたし、手前の湾内だけでもチェックしとくかーって一応エントリー。今日はいろいろ変更点があって、その確認もしたかったんですよね。

変更点①:5mmウエットから3mmウエットへ

5mmの時はウエイト8キロだったんで3mmだったら5キロくらいかなって、でもこれ失敗。まだ軽いみたいで潜るの結構大変でいつもより全然息が続かなかったです。次はもう1~2キロ追加。あと、もう3mmでも暑くて何度もウエットの中に海水流し込みました(*´Д`)

変更点②:羽根式からチョッキ式へ

今まで羽根式でやってきたんですけどチョッキ式も経験したくて本日チョッキデビュー。ネットでいろいろ調べて自分なりの仕様にしたんですけど果たしてこれでいいのか、実際に魚ついて試したかったんですけど今日は魚が全然いなくてテストできませんでした。

変更点③:アクションカメラ(ムソンMC2)のデビュー

みなさんの動画見てるとやっぱ自分も動画撮ってみたいなーって思うようになったんですよね。カメラを取り付けれるようにマスクもオマーのエイリアンからVILISUNっていうマスクに変更しました。エイリアンと比べると内容積がずいぶん大きいんですけどマスクブローはそんなに大変ってわけじゃなかったです。あんま変わらんかった。

変更点④:ライトホルダー

ちょっと前にライトデビューして腰にぶら下げたまま使ってたんですけどdiveinnでホルダーが結構安めに売ってたのでポチリしました。ホルダーのAno Ng Neoprene GlovesとジェントスのSRシリーズ SR-220DTの組み合わせはちょうどいい感じです。

今日は魚が全然いなかったので発射すらしなかったんですけど、変更点のチェックがいくつかできたのでよしとします(近場の海ですればよかったじゃん!!)。カメラのバッテリーが思いのほかもたないのでその辺をどうするかが課題ですね。皆さんどうやって撮影しているんでしょうか。

-魚突き道具

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メバル専用の手銛を作るの巻き その2 金具接着編

メバル専用の手銛を作るの巻き その1の続き シャフトはなんだかんだでカーボンで作ることに。外径のテーパーやパイプサイズはいろいろと融通が利くみたいだけど内径のテーパーは既存の型にあうものということで、 …

ダイビングライトとユーティリティ金具 2017/6/22

今回は2つのアイテムのデビューです。ダイビングライトと穴打ち対策のユーティリティ金具。ダイビングライトはもちろん暗い穴の中をのぞくために。晴天下では穴の中は真っ暗で相当のぞき込まないと中の様子が分から …

メバル専用の手銛を作るの巻き その1 ネイチャーすもんの魚突き

2017年1月某日 昨年、日本海が荒れてるときは瀬戸内海に何回か潜ったんですが、その時に気づいたんですよね。小さいメバルって突くの超ムズイ…! で、思ったんですよね。この至らぬ腕をカバーするにはメバル …

2018 ちびイシダイ×1 初潜りは春濁り 道具テストなど

イシダイ×1 水温17度 波0.5m 42ダイブ 2018/4/20 オフシーズンはたいしてすることなかったのでフロートとか羽根式銛先とか作ったんで今日はそのテスト。 午前は新規テトラポイント。そこで …

魚突きのマスク(水中眼鏡)曇り防止法 完結編(・∀・)!

これまでいくつかマスクの曇り止めについて書いてきましたが、ついに完全に曇りを防止する方法に辿り着いたので、「すぐに曇って困ってる」って方がおられたら是非この方法を試していただきたいと思います。とはいえ …