自作手銛 魚突き道具

メバル専用の手銛を作るの巻き その4 レストタブ作成編

投稿日:2018年3月23日 更新日:

メバル専用の手銛を作るの巻き その3の続き

水中で少しでも息を持たせたいとレストタブもつけることにしました。マックス状態はゴムに負担かかって劣化が気になって仕方がないので7割くらいの位置に付けることに。

イーグンさんのブログを参考にさせていただきました。とっても詳しく説明されていてめちゃめちゃ助かりました。

レストタブの取り付け予定場所を1000番くらいのやすりで軽く研ぎます。たぶんこれで下糸がズレにくくなるはず。

 

釣り具屋さんで売っていた極細の糸を下糸として巻き巻きしていきます。

 

糸の巻き方はそんなに難しくなくなかったです。私も初めてでしたが問題なくできました。

 

ここら辺に取り付けよう。あ、横からかけるタイプを作ります。私にはその方が合っているような気がしたもので。(といいますかレストタブ自体使ったことがありません)

 

テープで仮止めして

 

また先ほどの極細糸を巻き巻き。

 

で、その上に先ほどより太めの糸を

 

巻き巻き。1つ下の細い糸は巻かなくてもよかったかも。

 

こっからエポキシコーティングするんですが、もちろんこれも初めて。程よく厚めに塗って、乾かして重ね塗りの工程を3日に分けて3回しました。(3回塗ったということ)

 

ちなみに塗ったのをそのまま放置しておくと液ダレしてしまうので、シャフトを回転させる装置を持っていない私はヒーター付けてちょっと温かめにして、手前から

 

向こう側へコロコロ…

 

手前にコロコロ。これをある程度乾くまでテレビを見ながらずっと繰り返しました。(×3日)

 

1日目がこれで(回転前なので液ダレしてる!)

 

3日目がこれ。

 

ちなみに1日目の工程を終えて2日目にエポキシ混ぜ混ぜしようと思ったら初日にAとBのフタを間違えて逆に締めてたらしく、当然のごとくガッチガチに固まっており、ペンチでこじ開けたんですがえらい苦労しました。

メバル専用の手銛を作るの巻き その5へ続く

-自作手銛, 魚突き道具
-, , ,

執筆者:

関連記事

肺活量を簡単に測る方法(簡易肺活量測定器の自作)

みなさん、自分の肺活量知ってますか?私は知りません。学生時代に体力測定で図ったのが最後、まったく記憶に残っておりません。社会人になってからも測定する機会なんてないわけで。 自分の肺活量を知りたい人って …

diveinnに注文。国際郵便航空小包で50日以上かかった事例紹介

魚突きをしていると「自分は今何メートルくらい潜っているんだろう?」って思いませんか? もちろん私は始めたばかりの新米なのでそんなに深い場所まで潜れてないのはわかるんですがそれでもやっぱり気になります。 …

魚突きの道具 2018年

私が使ってる魚突きの道具はジャックナイフさん(魚突きの道具を売っているお店です)で教えてもらった知識がベースになってます。 「どんな道具を使っていますか?」「道具紹介してください」という質問を最近よく …

メバル専用の手銛を作るの巻き その2 金具接着編

メバル専用の手銛を作るの巻き その1の続き シャフトはなんだかんだでカーボンで作ることに。外径のテーパーやパイプサイズはいろいろと融通が利くみたいだけど内径のテーパーは既存の型にあうものということで、 …

羽根式銛先を作るの巻き その3 アルミジョイントシステム

羽根式銛先を作るの巻き その2の続き とりあえずこれで羽根式銛先の完成なんですが、やっぱりまあまあなサイズの魚突いたら銛先って曲がってしまうことありますよね。で、真っすぐに直して使っているうちにまた曲 …