自作手銛 魚突き道具

羽根式銛先を作るの巻き その3 アルミジョイントシステム

投稿日:2018年3月23日 更新日:

羽根式銛先を作るの巻き その2の続き

とりあえずこれで羽根式銛先の完成なんですが、やっぱりまあまあなサイズの魚突いたら銛先って曲がってしまうことありますよね。で、真っすぐに直して使っているうちにまた曲がってを繰り返してると金属疲労でいつか折れるでしょうし、奇麗な直線の銛先ではなくなるのでここらへんを何とかしたいなーと思ってアルミジョイントの活用を思いつきました。

で、使用するのがこのステンレスパイプナット。

ステンレスパイプナットに銛先を装着し反対側に8~15㎝くらいのアルミ丸棒を装着します。

でアルミ丸棒の反対側をフロントシャフトに装着。曲がり強度って「ステンレス>アルミ」じゃないですか。魚を突いたとき、もし曲がるなら先にアルミ部分が曲がってくれるからステン銛先の曲がりリスクを概ね回避してくれるんじゃないかと。

ためしに先端部分を手に持って力を加えるとアルミ部のみが曲がりました。

もしアルミ部がひどく曲がって再利用が難しいならアルミ部だけを交換すればいいというわけです。アルミ丸棒は1mで400円しないので、ナイスコスパ&加工が簡単♪

まだテストもしてないので、はたしてこのシステムはいいのか悪いのかまだわかりません。いいとしてもアルミ部の長さはどれくらいが適当かもまださっぱりわかりません(笑)。なので長さを変えてとりあえず数本作りました。あとアルミじゃなくて真鍮がいいのか?それともステンレスにして径を一部だけ細くし、そこが曲がるようにするのがいいのか。考えれば考えるほどわからなくなります(-∀-。)

ただまだこれで完成じゃなくて、海上で曲がったアルミ部を交換となると、ステンレスパイプにもアルミ部にもひっかかりがないので脱着がうまく出来ないと思い滑り止めを施しました。

こういうすべり止めがあるってジャックナイフさんが紹介してた自己融着テープを巻き巻き。

この羽根式銛先作るの大変だったからこのアルミジョイントシステムでステンレス部が曲がることが減ればと期待してます。

ちなみにですけど先端チップを色付けしたのは錆び予防(Hirony☆(・∀・)ノさんアイデア)もありますが、チップの色によって魚の寄りとか変わるかなーと思ったのでちょっとした好奇心でやってみました。今回はゴールドにしてますが黒とか赤とか白とかいろいろ試してみたいなーって思ってます。ルアーだっていろんな色ありますからね。

-自作手銛, 魚突き道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

diveinnに注文。国際郵便航空小包で50日以上かかった事例紹介

魚突きをしていると「自分は今何メートルくらい潜っているんだろう?」って思いませんか? もちろん私は始めたばかりの新米なのでそんなに深い場所まで潜れてないのはわかるんですがそれでもやっぱり気になります。 …

メバル専用の手銛を作るの巻き その4 レストタブ作成編

メバル専用の手銛を作るの巻き その3の続き 水中で少しでも息を持たせたいとレストタブもつけることにしました。マックス状態はゴムに負担かかって劣化が気になって仕方がないので7割くらいの位置に付けることに …

アコウ メバル 山陰 ベタ凪 水温23度 2017/6/29

ついに今日という日がやってきてしまいました…。船接近! いままで潜ってて注意されたことなかったんで、まあいつかはそういう日が来るかなーって覚悟はしていたんですが、ついに今日地元の漁師さん?と思われる方 …

魚突きの耳抜き~オトヴェンドでコツがつかめた件

今でこそ難なく耳抜きはできるようになったんですが、魚突きを始めたころはそりゃもう耳抜きには苦労しまして…頭痛くなるわ鼻血はでるわでw。独学なもんでそりゃもうダイビング関係の本読んだりネットで調べ上げた …

魚突きのマスク曇り止め対策 歯磨き粉編

曇り止めの完結編作ったのでこちらをご覧ください 魚突きのマスク(水中眼鏡)曇り防止法 完結編(・∀・)!   以下、旧ページとなります。 私はこの曇り止めシートを愛用しているのですが 前回使 …